精力が減退する原因

男性にとって、訪れて欲しくないのが「精力の減退」です。しかし、遅かれ早かれ精力の減退は訪れてしまうものです。一般的には、30代を過ぎた頃から徐々に衰え始めます。早い人だと20代後半から精力減退を実感するようです。

 

「20歳前後の精力を維持したい」というのが、正直なところですよね。しかし、年には勝てないわけで・・・。

 

つまり、精力が減退する根本的な原因は「加齢」という事です。

 

では、なぜ年を取ると精力が減退していくのでしょうか?

 

精力が減退する原因

さきほども言ったように、精力が減退してしまう根本的な原因は「加齢」です。年を取ると、どういった影響が体に出てくるのでしょうか?

 

男性ホルモンの分泌量の減少

10代・20代の頃は、女性(女性の体)に興味・関心が尽きず、精力(性欲)は底なしだったはずです。

 

湧き出る精力の源は「男性ホルモン」に有ります。男性ホルモンが多量に分泌されるほど、精力は増進されます。逆に、男性ホルモンの分泌量が減少すると、精力は減退します。

 

そして、男性ホルモンの分泌量は、年齢を重ねると徐々に減少していきます(人によって差は有ります)。

 

つまり、加齢によって男性ホルモンが減少し、精力が減退してしまうわけです。

体力の低下

体力は性欲とは直接関係無いように思えますが、精力減退の原因には密接に関係しています。

 

仕事が終わって夜の時間を楽しむ為には、体力はやはり必要ですよね。体力が無いと、どうしても次の日の事を考えて、早めに寝る事を優先してしまいます。

 

昔は寝なくても全然平気だったのに・・・と、年齢を重ねて体力が低下している事を嘆いている男性も多いはずです。

 

ストレス

ストレスの原因は様々有りますが、男性が最もストレスを感じるのは「職場」ではないでしょうか?(家庭の人もいますけどね)

 

過度なストレスは、男性ホルモンの分泌量に悪影響を与えるので、精力減退の原因となります。

 

そして、職場でのストレスは、年齢を重ねるごとに大きくなっていくものです。

 

例えば、職場での人間関係は、若い頃の上司との関係だけとは違い、年を重ねると上司と部下という上下の関係を上手く構築していかなくてはなりません。時には、上司と部下の板挟みに有って、ストレスを感じる事もあるでしょう。

 

また、仕事の内容が複雑化し、責任も重大になってくると、やりがいを感じる反面ストレスになってしまう場合も有ります。

 

ストレスを溜めなければ、ストレス性の精力減退を防ぐ事が出来るので、適度に発散しておいた方が良いでしょう。

クラチャイダムサプリランキング