精力を高めるための睡眠方法

睡眠は精力を高める非常に重要な要素です。なぜなら、人の体は睡眠中に「ストレスを感じない」、「体力を回復する」「男性ホルモンを分泌する」からです。

 

「ストレス・体力の低下・男性ホルモンの減少」は精力を減退させる主な原因(リンク)と考えられる物です。これらが睡眠を取る事で良好な状態又は緩和されるので、睡眠が精力を高めると言っても過言では有りません。

 

そこで、より精力を高めるための睡眠方法を紹介します。

 

精力を高める睡眠方法

睡眠不足は一般的に健康を害する要因となります。精力に関しても同様です。そのため、睡眠時間を確保する事は、精力を高める一つのポイントとなります。

 

一般的には【7〜8時間】の睡眠時間がベストだとされています。ただし、個人差も有るので、一般的な時間よりも長短が有ると思います。自分の体と相談しながら睡眠時間を確保するようにして下さい。

 

そして、もう一つ重要な事は「睡眠の質」です。たくさん寝たのに、翌朝疲れが残っているなんて事有りますよね。これは睡眠の質が悪い証拠です。

 

では、睡眠の質を良くするためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

睡眠の質を上げる方法

睡眠の質を上げるには、睡眠前の準備が非常に大切になってきます。「睡眠前」と言っても、夕方ぐらいから準備をする事も含まれています。

 

では、睡眠の質を上げる方法をそれぞれ見ていきましょう。

 

■夕方以降はカフェインを摂取しない

カフェインは脳を覚醒させる作用が有ります。代表的な飲み物は「コーヒー」です。

 

夕方以降にカフェインを摂取してしまうと、眠りにくくなったり、寝れたとしても脳が完全に休む事が出来ず質の悪い睡眠になってしまいます。

 

そのため、脳がゆっくり休めるように、夕方以降はカフェインを摂取しないようにしましょう。

 

カフェインと同様に、アルコールも脳を麻痺させる作用が有るので、寝酒・晩酌は避けましょう。

 

 

■夕御飯はなるべく早い時間に取る

睡眠時間直前に食事を取ると、睡眠中に体がしっかりと休む事が出来ません。というのも、消化器官が食べ物を消化・吸収するために、寝ている間も活発に働くからです。そのため、遅い時間の夕御飯だけでなく間食(晩御飯後)も「質の良い睡眠」には敵となります。

 

ただ、仕事で帰りが遅くなり、夕御飯の時間が遅くなってしまう事も有ります。そんな人は、19時・20時ぐらいに軽くおにぎり等の消化に時間のかかる炭水化物を摂取しておいて、帰ってから野菜やスープなど消化に良い食べ物を夕御飯にすると良いかと思います。

 

時間に余裕の有る人は、夕御飯をなるべく早い時間に取るようにしましょう。

 

■お風呂でしっかりとリラックスをする

お風呂にゆっくり浸かって、心を落ち着かせリラックスした状態に持っていきましょう。ストレッチなどを取り入れると効果的です。

 

熱いお風呂が好きな人もいるかもしれませんが、「好きな事」と「リラックス出来る事」は似て非なる物です。「熱いお湯」は感覚を刺激し過ぎて、脳がリラックス出来る状態にはなりにくいんです。

 

そのため、お風呂に張るお湯は、ゆっくり浸かれる丁度良い温度に設定して下さい。

 

■ベッドでは携帯・テレビなどを見ない

食事を早い時間に取って、お風呂にゆったり浸かって、体を就寝モードにしても、最後にベッドで携帯・テレビを見てしまうと全てが台無しになってしまいます。

 

なぜなら、携帯・テレビなどの光によって、脳が刺激を受け、活動モードに入ってしまうからです。同様の理由で、パソコンも良く有りませんね。

 

そのため、就寝モードのままで眠れるように、携帯・テレビなどを見る事は極力避けるようにしましょう。

クラチャイダムサプリランキング